• 状況に見合った高齢者施設選びを考えること

    • 要介護者やその家族が置かれている状況に照らし合わせて、高齢者施設を選ぶことが重要です。
      まだ元気なうちであれば、60歳以上で入居が出来る有料老人ホームも選択のうちに入りますが、本格的に介護が必要になった場合には、あわてて特別養護老人ホームなどの高齢者施設に入居を希望しても、なかなか希望通りにいくとは限りません。

      また、介護が必要な高齢者の状況によっては入居を断られる高齢者施設も存在します。たとえば認知症を患っている人の場合には、認知症対応型共同生活介護いわゆるグループホームも選択に入れるべきですが、こちらも安易に入居が出来るものではありません。

      そのため、どのような状態なのかなど生活面での注意点を主治医に判断してもらうことと、家族が介護が出来る状況かどうかも含めて、高齢者施設選びを考えていくことが大切になってきます。

      東京の高齢者住宅が最近こちらで話題になっています。

      このように様々な視点で入居先を考えていかなければなりませんが、急遽高齢者施設をと考えても、なかなか入居は難しいのが現実です。

      出来る限り早めに情報収集を行い、近隣で介護が可能なところがあるかどうか、また施設の種類とそのサービス内容、費用面などを総合的に考えての判断が、家族には求められます。

      すなわち、情報がないままでは行動に移りづらいということがありますので、なるべく早めに本人も含めて家族内で話し合う時間を設けることが、介護を受ける人も家族にとっても大切なことになってくると言えるでしょう。
      要介護者や要支援者が入居、通所している高齢者施設では、慢性的に人手が不足しています。

      福岡の高齢者住宅情報のご紹介です。

      ですから『そこで働いてみたい』とか『介護の仕事に興味がある』と言う人は、非常に重宝されます。
      しかしそうした際に気をつけたいのは、高齢者施設によっては働く時間帯や曜日が大きく変わってくると言う点です。


      そのため当然、導入されているシフト形態にも違いが出てきます。
      諸事情によってシフト形態に自分の希望を反映させたいと考えている人の場合は、それぞれの高齢者施設のシフト形態を理解したうえで勤務希望先を選ぶことが重要です。
      まず養護老人ホームや老人保健施設、ショートステイなどの、利用者がそこに入居をして長期間あるいは短期間、生活をすると言う施設の場合です。

      この場合、24時間1年中、途切れることのない介護サービスの提供が必要となります。よってシフト形態には交替制や夜勤が導入されていますし、土日祝日は休みと言う一般的なカレンダーも通用しません。勿論、施設によってはこれらに関しては最大限、融通をきかせますと言うところもあります。

      福岡の住宅型有料老人ホーム情報のご紹介です。

      ですがやはり、ある程度は施設側のシフト形態に合わせることが求められます。

      一方、利用者が日中に訪れ、食事や入浴などのサービスを受け、夕方頃には帰宅する通所系施設の場合、勤務シフトは朝から夕方頃までであることがほとんどです。また介護する家族などが休日である土日祝日、また夏季、冬季の長期休暇期間中は施設もお休みと言うことが多いです。

      ですから、カレンダー通りに働きたい、そして勤務時間も朝から夕方まで、一定であった方が良いと言う人には向いていると言えます。


      ただし最近では、通所系でも利用者の希望があれば宿泊サービスを提供しているところもあります。

      その場合は入居系施設同様、夜勤が発生する場合もあります。


  • 関連リンク

    • 高齢者施設にはどんなものがあるか

      高齢者施設とは、様々な事情により自宅で生活を続けるのが難しいとされる高齢者が生活をするための施設です。しかし現在では、それほど要介護度が高くない人が自宅などから通う通所系施設、また短期間だけ入居をするショートステイと呼ばれる施設もこれに該当します。...

    • 高齢者施設を選ぶ前に

      介護を必要とする高齢者が増えるなか、高齢者施設の種類も多種多様になってきました。在宅で介護を考えているかたの救世主とも言えるデイサービス、訪問介護。...