• ヘルパー職の専門性を高めていくこと

    • かつてのホームヘルパーも制度改正により、介護職員初任者研修と介護職員実務者研修に分かれました。

      福岡の有料老人ホームは人気のテーマです。

      この制度設計の目的は明らかで、よりヘルパ−の専門性を高めていくことと、分かりにくかったヘルパーの仕事をより分かりやすくしたいという行政側の意図があることは明らかです。


      この介護職員実務者研修ではサービス提供責任者になる資格を有するということで、介護保険制度についてより深く専門性を有しなければならないとされています。

      つまり、ケアマネジャーに対しても一定の発言が出来る程度の知識や経験が求められるということで、より専門の行動な知識が求められてきています。


      ヘルパーとしてだけであれば介護職員初任者研修で事足りますが、単なるヘルパーとして働けるだけのことです。


      介護についてより深く知識や経験を得たいと志せば、介護職員実務者研修を目指すことになるでしょう。

      診療報酬債権のファクタリング情報を簡単に調べられます。

      無論、他の事業所の人たちも介護職員実務者研修資格を有する人という目で見てきますので、相互に話がし易くなるというメリットも生じます。


      ヘルパー職を始めとして様々な職種でより高度な知識や経験が求められる時代になりました。介護保険制度も徐々に制度が複雑化してきていて、それに見合った人材の確保が求められるところです。
      介護職員初任者研修だけでは給料面でそれほど厚遇もされない現実もあり、介護職員実務者研修資格を持ってより専門性を高めていくことで、給料面などで優遇を得ていくという流れに向かっています。


      急速な高齢化に伴い、また福祉をビジネスとして大きく成長させようという政策的な動きもある中で福祉業界は大きく成長を遂げています。そのような中、政府は「高齢になっても住み慣れた場所で生活できるような社会」を目指して様々な施策を行っていますが、在宅福祉サービスの三本柱(デイサービス、ホームヘルプ事業、ショートステイ事業)の一つを担っているのがヘルパーです。

      ヘルパーの仕事は生活援助と身体介助、相談の大きく三つに分けることができます。生活援助では掃除、買い物などを利用者と一緒にする中で利用者の機能や能力の回復を図ることができます。

      今までは料理を作るのが億劫でレトルト食品ばかりを食べていた利用者がヘルパーが手伝う中で、自分で食事を作れるようになるということが多く、利用者の機能回復という視点から家事援助ができる点が魅力であり、また家政婦の仕事との違いです。

      自立支援給付費債権のファクタリング情報選びに特化したポータルサイトです。

      身体介護は排泄、入浴、食事、着かえの介助や介護を行います。
      ヘルパーが自宅を訪問することで安心してお風呂に入ることができ「気持ちよかった」という声が聞かれることも多いです。


      また話すことができない人でも排泄介護としておむつをきれいなものに替えるとすっきりした表情になります。


      そのような利用者の反応を感じられるのがヘルパーの仕事のやりがいであり魅力です。


      最後に相談ですが、在宅で生活していると加齢とともに様々な支障が出てくることがあり、それにつき相談を受けますのでケアマネージャーに報告して新たなサービスの利用開始になることもあります。

  • 関連リンク

    • 介護保険とは〜加入年齢や被保険者の分類について

      介護保険には民間の保険会社によって運営されているものと、公的に運営されているものがあります。この内、民間の保険会社が運営しているものに関しては、その加入は個人の意思に委ねられています。...

    • 財政難に向かう介護サービス

      国の財政支出の内、非常に大きなウェイトを占めるのが年金、医療、介護です。特に介護については高齢者数が増加し続けており、結果的に年々支出額が増加し続けることにつながっています。...