• 高齢者施設を選ぶ前に

    • 介護を必要とする高齢者が増えるなか、高齢者施設の種類も多種多様になってきました。

      在宅で介護を考えているかたの救世主とも言えるデイサービス、訪問介護。

      介護医療の専門家と提携し、高齢者が安心して暮らせるサービスを提供するサービス付き高齢者住宅。

      主に民間企業がサービスを提供している有料老人ホーム。

      医療のファクタリングに関する情報が満載です。

      金額もサービス内容も様々です。
      原則65歳以上の要介護者にたいして介護保険サービスを提供する特別養護老人ホーム。
      少人数で共同生活を送ることで認知症の進行を遅らせることを目的としたグループホーム。ざっと挙げただけでもこれだけの種類があります。

      いざ介護が必要になったときに困らないように、最低でもこれだけ種類があるという事を知っていて欲しいです。


      介護施設を選ぶ上で何よりも大切なのは、入居者、要介護者、そのご家族身内の方に負担がない場所を選択することだと思います。
      集団生活が苦手な方がグループホームに入居しても、他の方との折り合いが悪く、他施設へ移ってしまったり、家を離れる事を拒否していた介護者を、親族が無理やり特別養護老人ホームに入居させてしまったことで認知症が進んでしまうこともあります。
      老後にゆっくり過ごすことのできる環境を整え、生活の質を落とすことなく最後のときを迎えるために、介護者に合っている施設はどこか、どんなサービスがあるのかを、しっかり把握しておく必要があるのです。

      高齢者施設への入居をお考えの方、高齢者施設にこれから家族が入居する方のご参考になれば幸いです。

      東京の有料老人ホームの情報を公開しています。

      近年、高齢者が自宅を離れて入所や入居する高齢者施設が増加しています。

      その種類は特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、グループホーム、サービス付き高齢者住宅、有料老人ホームというように様々です。


      ではこれら高齢者施設についての情報を得るにはどうしたらよいでしょうか。

      まず一つ目は地方自治体などの行政のホームページをみることです。
      介護保険制度は利用者自身が自らの意思でサービス提供事業者を選びそしてサービス内容も選んで利用するというのを基本理念としています。
      そのためには利用者の手元にサービス提供事業者やサービス内容といった情報が届いている必要があるため、行政は自らのホームページでサービス提供事業者の情報を明らかにしています。

      二つ目は行政が出している介護に関する冊子(リーフレット)です。介護保険の理念に基づき、色々な情報が利用者のもとに届くようにサービスの内容や事業所の一覧を詳細に紹介する冊子を作成しています。
      その情報をもとに、各事業所に問い合わせ、より詳細なパンフレットを送ってもらったり、施設見学を申込み、さらに多くの情報をえることができます。



      三つ目はインターネット上の介護の情報についての総合的なサイトです。


      そこでは実際に高齢者施設を利用した人やその家族の感想が口コミという形で書かれているので先輩の意見として非常に参考になります。

      またサイトの運営会社には専属のコンサルタントが置かれているので様々な相談にのってくれます。

  • 関連リンク