• 最近話題の老人ホーム紹介

    • 超高齢社会の真っただ中にある日本は、福祉大国でもあります。

      福岡の有料老人ホーム情報がリニューアルしました。

      しかし、近年の社会保障費用の圧迫により、介護保険サービスが縮小傾向にあります。


      比較的安価で入居できるとされていた特別養護老人ホームも介護保険の1割負担から収入などに応じて2割負担などになり、決して格安とは言えない状況となってきました。そこで近年は民間企業が2000年の介護保険導入に合わせて増えてきているとされる有料老人ホームをはじめ、種類ごとの老人ホーム紹介を行います。

      介護のファクタリングの情報を今すぐ確認できます。

      まずは有料老人ホーム。


      食事、家事、健康管理などを受けながら居宅の代わりとして生活ができる施設です。細かく分類すると、介護を受けることが前提の介護付き有料老人ホーム、自宅の延長で、希望に応じて介護保険サービスなどを組み合わせて生活する住宅型有料老人ホーム、食事などのサービスがついており、原則自立した方が生活する健康型有料老人ホームなどがあります。

      また、高齢者向けの賃貸住宅としてのサービス付き高齢者向け住宅があります。

      これは、高齢者を対象とし、居室も一定のバリアフリーなどの基準を満たしたものであり、常勤職員24時間滞在での見守りをおこなっております。



      ただし、身の回りの世話に関しては行わないことが多く、生活のほとんどが自立している人に限ります。ケアハウス(軽費老人ホーム)、経過的軽費老人ホーム(軽費老人ホームA型)は似た点もありますが、設備やサービスの作りが異なりますが、高齢や家庭環境の問題、家族の援助の困難などが理由に入居する施設になります。


      グループホームは認知症対応型共同生活介護と呼ばれ、介護保険でのサービスになります。
      5〜9人を1ユニットとし、最大2ユニットを限度とした共同生活の場になります。
      認知症であることが前提とし、日常生活の介護を受けることができます。
      上記に軽く触れていますが特別養護老人ホームは介護保険サービスの施設サービスに該当し、社会福祉法人が運営しています。

      多床室、個室などの居室料金、食事代、1割(2割)の介護保険費用で生活できるため、比較的安価で入居することができるとされてきました。


      看取りなどを行うほか、社会福祉法人という公益的な組織の運営の為、営業的ではないところも特徴です。

      ここまでの老人ホーム紹介で上げた施設は、細かく分類すると、建物の構造の他、介護が必要・不要の違い、要介護度の認定がある・無いの違い、看取りまで対応できるできないの違いがあります。
      予算にもよりますが、まずは自分の求める老後の生活をどうしたいかなどを整理するとよいでしょう。老人ホーム紹介の窓口として、市町村の福祉事務所、市町村社会福祉協議会、地域包括支援センターなどが良いでしょう。これらの施設は自分の住んでいる地域に必ずあります。


      相談自体は無料なので、気軽に相談に行けるとよいでしょう。

  • 関連リンク

    • 自分や身近な人に介護が必要になった場合には

      自分や身近な人に介護が必要になった場合、介護保険の被保険者であればそれを利用して、様々なサービスや支援を受けることができます。ただし被保険者の年齢によっては、これは、その状態になった原因が特定の疾病である場合に限られます。...

    • ヘルパーとは〜介護の基本的な資格のひとつ

      介護サービスの始まりは、介護や支援を必要としている人の自宅を訪れ、生活動作に対する介護や、家事全般に対する援助などを行う訪問介護が始まりだと言われています。その後、高齢化が急速に進行していく中で、自宅で生活することが難しい要介護者が入居する介護施設や、通所介護施設などが誕生するわけですが、この訪問介護は今でも介護サービスのひとつとして重要な役割を果たしています。...