• 介護離職をする際に知っておきたいこと

    • 「超高齢化社会」に突入した日本では、自分の親の介護のために仕事を辞めざるを得ない人が多数存在します。

      これを「介護離職」と言います。

      東京の住宅型有料老人ホームの情報を集めました。

      ある日突然、年老いた自分の親を世話しなければならなくなった場合、必ずしも仕事との両立が出来るとは限らず、やむを得ず仕事を辞めざるを得ないケースが多数あるのです。


      仕事を辞めずに「介護休業」を申し出たとしても、制度で保障される期間はわずか93日間であり、自分の自宅で親の世話をするには不十分と言わざるを得ません。
      もともと、この休業はあくまで介護と仕事との両立に必要な準備をするための期間として創設されたため、親がまだ元気なうちによほどの準備をしていない限り、この制度を活かすのは難しいのです。
      また、親の世話のために離職をすることは、自分自身に様々なリスクが降り掛かってくることを忘れてはなりません。
      いくら実の親とは言え、介護には身体的な負担だけでなく精神的な負担の強くのしかかります。

      世話をする側の負担やストレスは計り知れないものであり、これが原因でうつ病を発症してしまう人も少なくありません。また、親に対する「虐待」の問題も深刻です。

      そして、無職の期間が長引けば長引くほど、再就職先を見つけることも難しくなります。
      親への世話の経験を活かして再就職を目指す手もありますが、その他の職業への再就職は難しくなってしまうのが現状です。

      また、自分自身の年齢の影響によって、再就職自体が不可能になる可能性も否定出来ません。
      日本は少子高齢化が深刻化しています。

      働いて税金を納める現役世代の人数が、高齢者よりどんどん少なくなってきています。また、生活スタイルの変化や晩婚化、労働市場の不安定さ、嵩む教育費などにより出生率も少ないです。

      この先、団塊の世代や少し下の世代の介護が深刻化すると、情勢は更に悪くなると危惧されています。

      この悪循環を断ち切るためには、専業主婦など女性の社会進出や元気な高齢者の社会進出で働く層を増やす事が求められています。


      また出産可能年齢の人たちが安心して子供を産み育てられる社会を作り、出生率を上げる必要があります。

      しかし、介護分野、保育分野共に施設、人手、予算が不足しています。

      老人ホーム紹介を知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

      よって、家で介護をしていたり子育てに従事している女性や元気な高齢者が多いです。


      これではいつまでたっても現状は変わりません。
      介護は家族の責任の下、担っていくという考え方は核家族化の進む現代にあいません。


      自立して生活できる高齢者を支援する制度や、体の機能を保つ支援をする制度を整える事も大切ですが、限度があります。どんなに頑張っても、持って生まれた体の特性によっては加齢と共に人の助けが必要になります。
      そして殆どの人が最終的には医療のお世話になって亡くなる事になるでしょう。

      これからは、介護を家庭ではなく施設で行うようにしていく必要があるでしょう。

      福祉分野で働く人を増やす事により、国の税収も増やす事もできますし、社会で福祉を担っていけるシステム作りが待たれます。

      老人ホーム紹介の優良サイトの情報を公開中です。

  • 関連リンク

    • ヘルパーの仕事の探し方

      近年、急速な高齢化に伴い福祉業界では求人が増加しています。とりわけ「高齢者になっても住み慣れた地域社会で生活できること」を目指して在宅福祉サービス推進に政府は力を入れています。...

    • ヘルパーとは〜介護の基本的な資格のひとつ

      介護サービスの始まりは、介護や支援を必要としている人の自宅を訪れ、生活動作に対する介護や、家事全般に対する援助などを行う訪問介護が始まりだと言われています。その後、高齢化が急速に進行していく中で、自宅で生活することが難しい要介護者が入居する介護施設や、通所介護施設などが誕生するわけですが、この訪問介護は今でも介護サービスのひとつとして重要な役割を果たしています。...