• 高齢者施設は幾つかの種類があります

    • 高齢者施設は幾つかの施設があります。
      最近は居住型の高齢者施設のニーズが高まっており、その種類や様式も多様化しています。中でもニーズと人気ともに高いのが、サービス付き高齢者住宅と老人ホーム型高齢者施設です。

      この2種類の大きな違いは、サービス付き高齢者住宅はアパートやマンションなどと同様の住宅という物件です。

      老人ホーム型高齢者施設はその住宅内の介護がメインの施設です。

      この違いは具体的には契約内容と、契約にあたっての書類や費用なども変わってきます。
      契約内容の中には、受け入れ可能な疾病や症状の有無や介護レベルなどもある事と、1件1件が目玉とする提供サービスが違いますので入手できる情報は出来るだけ多くそろえた方が安心です。


      特にサービス付き高齢者住宅はほとんどの物件やもっとも怪我などが多い入浴施設やキッチンは共用ですが、その他の設備などは物件ごとに大きくかわりますのでより細かいチェックをした方が良いでしょう。

      完全にアパートやマンションと同様に自由に行動が出来、短期契約が出来る物件も徐々に増えてきています。

      医療機関と蜜な連携をしていて緊急時の医療提携も出来るようになっている物件も増えており、かかりつけ医との連携を依頼出来るか先に確認をとっておくと体調に不安がある時も安心して対応してもらう事ができるようになります。
      実際に契約をして入居した場合は、ほとんどの人が長期間の利用になるので自分がどのような設備を利用したいのかを絞り込んでから、物件や施設を選んでゆきましょう。
      私は老人ホームの生活相談員です。


      今、働き始めて8年が経ちます。

      自分に合った東京の住宅型有料老人ホームならこちらが人気です。

      現在、日本は超高齢者社会となり、全国民の4人に1人が高齢者となりました。
      介護保険法も施行されて15年が経ち、名前は聞いたことがあるという人がほとんどでしょう。


      しかし、その介護保険の使い方について、ほとんど理解していない人が多いのが実情です。

      人気な東京の有料老人ホームについての情報をまとめたサイトです。

      また最近では施設入所をするために100人待機、200人待機が当たり前になってきています。


      そのため、施設を選ぶにもどのような点に注意して選んでいいのか分からない人も多いです。

      ここでは簡単なポイントを記載したいと思います。


      まず、老人ホームは簡単にいうと2種類に分かれます。

      特別養護老人ホームと有料老人ホームです。


      前者は公的な要素が多く含まれており、費用が安く入所することができます。施設内で提供されるサービスも一般的な生活介助です。


      後者の有料老人ホームは学校で言えば私立のようなもので、基本的に入所のためには費用が高く設定されています。


      しかしその分、施設独自の介護サービスなども充実しており、質の高い介護を受けることができます。もし入所を考えるなら、どちらの施設を選ぶにしても、見学することをおすすめします。

      まず着目するところは、施設職員の態度です。ここが一番重要なポイントです。高齢者に対しての態度がどのようなものか、丁寧に接しているか、言葉だけが丁寧で態度は冷たくないか、高齢者に対して明るい笑顔が出ているか、また高齢者が自然に笑っているか、この三点はとても重要なポイントなので、ぜひ押さえてほしいと思います。

      施設の建物や部屋がきれいというポイントはさほど重要ではありません。

      介護施設サイトを見つけることができました。

      これから高齢者が気持ちよく生活する場所ですので、しっかり職員のふるまいを見ることが大切です。

      また、入所する本人を一緒に連れて見学するのも重要ですので、施設選びは家族だけが決めずに本人も含めてしっかり行うようにしてください。

  • 関連リンク

    • ヘルパーの仕事の探し方

      近年、急速な高齢化に伴い福祉業界では求人が増加しています。とりわけ「高齢者になっても住み慣れた地域社会で生活できること」を目指して在宅福祉サービス推進に政府は力を入れています。...

    • 財政難に向かう介護サービス

      国の財政支出の内、非常に大きなウェイトを占めるのが年金、医療、介護です。特に介護については高齢者数が増加し続けており、結果的に年々支出額が増加し続けることにつながっています。...