• ヘルパーとは〜介護の基本的な資格のひとつ

    • 介護サービスの始まりは、介護や支援を必要としている人の自宅を訪れ、生活動作に対する介護や、家事全般に対する援助などを行う訪問介護が始まりだと言われています。

      東京の高齢者住宅を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

      その後、高齢化が急速に進行していく中で、自宅で生活することが難しい要介護者が入居する介護施設や、通所介護施設などが誕生するわけですが、この訪問介護は今でも介護サービスのひとつとして重要な役割を果たしています。

      そしてヘルパーとは、もともとはこの訪問介護に従事する人に向けられた資格でした。


      訪問介護は、施設などで行われている介護とは異なり、その人の自宅での生活習慣を第一に重んじる必要があります。
      また介護技術は勿論のこと、家事に対する知識や技術も必要なサービスです。

      そのためそれらに特化した介護職員育成のために、ヘルパーの資格は誕生したのです。しかし介護サービスが広がっていく中で、そこで働く人の数を確保するために、この資格を持っている人が入居施設や通所施設で働くと言うことも多くなりました。
      そして現在では、ヘルパーの資格はその名称としては存在していません。現在では、介護職員初任者研修と言う名称に変更しています。

      訪問介護だけではない、どの介護現場でも活躍できる、介護に関する基本的な知識と技術を有している人材を育成しようと言う目的によって名称変更がなされたのです。


      介護職員初任者研修では、ヘルパー資格取得のための研修時には存在していなかった認知症に対する学習などが含まれており、より時代に即した資格に変更したと言うこともできます。


      とは言え、介護職に従事する人の数が絶対的に不足している日本においては、ヘルパーの資格は介護の基本的な資格と言えますし、それに対する需要も非常に高いものがあります。
      近年、急速な高齢化とともに福祉業界は成長し、様々なサービスを提供するようになりました。

      高齢者施設の食事情報を利用してみませんか?

      とりわけ、「高齢になっても住み慣れた地域社会で暮らせること」をスローガンに政府は在宅福祉施策をすすめています。


      在宅福祉の三本柱はデイサービス事業、ホームヘルプ事業、ショートステイ事業の三つですが、この中でも利用者宅を訪れて直接サービスを提供するホームヘルプ事業の役割は大きく、それを実際に担っているのがヘルパーです。その仕事は家事援助、身体介護、相談援助の大きく三つに分けることができます。


      家事援助では、掃除、洗濯、食事作りなどを利用者と一緒に行い、利用者の生活を安定させるとともに機能の向上を図ります。

      身体介護では排泄、食事、入浴、着替えなど生きるために必要な援助を行います。

      着替えなどでも利用者の現状の能力を退化させないために、できる部分は自分でやってもらい、できない部分を援助するというようにあくまで機能回復、能力向上の視点から援助することになります。相談援助は加齢とともに在宅生活で不便を感じることが多くなります。
      そのような相談を身近なヘルパーに利用者はします。

      そこで、ヘルパーはその内容などをケアマネージャに報告し、新たなサービスの提供につながる場合もあります。

      注目の介護のファクタリングをご紹介します。

      ではこのようなヘルパーの求人はどこで探せばよいでしょうか。この点、ヘルパーの求人専門サイトがあります。
      ここでは自分の希望条件を登録し、それにあった職場を紹介してくれるので非常に効率的に就職活動ができます。

  • 関連リンク

    • ヘルパーの仕事の探し方

      近年、急速な高齢化に伴い福祉業界では求人が増加しています。とりわけ「高齢者になっても住み慣れた地域社会で生活できること」を目指して在宅福祉サービス推進に政府は力を入れています。...

    • 介護保険とは〜加入年齢や被保険者の分類について

      介護保険には民間の保険会社によって運営されているものと、公的に運営されているものがあります。この内、民間の保険会社が運営しているものに関しては、その加入は個人の意思に委ねられています。...